2015年06月23日

被災地ボランティア.1

こんにちは
すっかり梅雨の季節になりました夏が待ち遠しいですね

今回は6月12日から15日まで被災地ボランティアで宮城県石巻市に行ってきましたので、その活動報告をさせてもらいます。

東京から車で7時間くらいかけて石巻へ行きました。
震災から今年で4年が経とうとしています。
最近の被災地の様子とか皆様は知ってたりしますか?
テレビでは福島の原発についてはまだ大変な状況であると報じていますが、宮城などは、新しく女川町に駅ができて鉄道が復旧したとか、復興してきているような明るいニュースが多かった気がします。個人的にもだいぶ元通りになりかけていると考えていました。

そんなこんなで宮城県石巻市に到着
石巻に着いたということでよくテレビとかで見かける「がんばろう!石巻」の看板を見に行こうという事になりました。
DSCF0077.JPG

この「がんばろう!石巻」の看板の文字はなんと手書きだそうです。書いた方も震災時の津波によって流されたそうで、その夜は木にしがみついて過ごしたそうです。その方がここに訪ねてくる友人や知人に自分が生きていることを伝えるため、またこれから自分が頑張るからみんなも頑張ろうというメッセージ、元気を伝えるためこの看板を製作したと聞きました。
これは震災当時の写真です。
images.jpg

石巻は6.9mの津波が到達したそうで、多くの家が流されました。
DSCF0084.JPG

DSCF0075.JPG

DSCF0073.JPG

写真で見てもらえばわかると思いますが、看板の後ろは草が生い茂っています。震災前はここには住宅が所せましと並んでいたそうです。この話を聞いたときとてもさみしく感じました。
確かに震災から4年たってがれきは残っていませんが、新しく建物を建てる段階には至っていません。
計画では、「がんばろう!石巻」の看板の周りは公園にしようということになっているそうです。
震災が起きてからもう何度もボランティアをしている方にガイドしてもらいながら石巻の町を車で移動しましたが、ここまで津波が来たとか、あとちょっとで助かったけれども、間に合わず幼稚園のバスが流されてしまった坂などを見て、震災や津波の脅威を肌で感じました。
DSCF0087.JPG

これから何回かにわけて被災地ボランティアの記事を更新していきたいと思います。
次回は活動1日目で、実際にどのような活動をしたのかをお伝えしようと思います。

posted by コネクト at 23:47| Comment(2) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。